マーケティングクリニック

ビジュアルとコピーの役割の違いとは?

コンサル
 
 
 

ビジュアルとコピーの違いをひと言で表現すると・・・

ビジュアル=「感情」。
コピー=「意志」。

というふになります。

ビジュアルはコピーに比べるとたくさんのメッセージを
盛り込むことができます。

そのビジュアルを見て何かを感じたとき、
その感じ方がその人にとっての「言葉」になっているということです。

見た人の想像力をかき立てるチカラがビジュアルにはあります。

つまり相手に何かしらの感情が湧いたときにこそ
その広告はコミュニケーションしている状態だと言えます。

しかし、ビジュアルによるコミュニケーションは
感覚的なものになってしまい意味としては希薄なものです。

その反面コピー(言葉)は、具体的な意味を伝える機能を持ちます。

つまりビジュアルが「感情」を伝え、文字は「意志」を伝える。
というように理解し、それに即した使い分けをしていけばいいと思います。

この考え方は、広告業界の大御所コピーライター
秋山晶さんの言葉を引用させていただいております。

マーケティングクリニック

Return Top