マーケティングクリニック

キャッチコピーを生み出す魔法のテンプレート

経営者
キャッチコピーのアイデアが浮かびません。
どうしたらいいでしょう?

 
コンサル

魔法のテンプレートをご用意しました。

 

行き詰ったときにいいキャッチコピーのアイデアを思いつく最良の方法は、アイデアテンプレートを手元に置いておいて、それを見てインスピレーション得ることです。下記の45項目に自分の商品を当て込みながらぐるぐる考えてみてください。

1.とにかく商品の価値を言う。

2.商品の希少性を演出する。

3.商品の使用実感を言う。

4.商品知名度があることを伝える。

5.商品を使うことでどんな体験ができるかを言う。

6.何か障害がある場合は抵抗感の除去に努める。

7.お手頃価格なら価格訴求をする。

8.ニュースを盛り込む。

9.商品メリットを実証する。

10.主張する。

11.警告する。

12.呼びかける。

13.質問する。

14.気づかせる。

15.新しいライフスタイルを提案する。

16.世の中の動きと連動させる。

17.人間臭さで共感を導く。

18.金銭感覚に訴える。

19.不安をあおる。

20.数字で具体性を持たせる。

21.他の商品と比較して優秀さを伝える。

22.関係があることを知らせる。

23.ビジョンを語る。

24.生活シーンに触れ実感してもらう。

25.商品メリットを何かに例えてみる。

26.季節のタイミングに合わせたアプローチを考える。

27.ターゲットの言葉で語り実感してもらう。

28.ナレーション的に語る。

29.権威の力を借りる。

30.擬音を使い印象に残す。

31.「新」「紹介」「発表」の語を使い新しいことを伝える。

32.オファーを強調する。

33.物語形式にする。

34.推奨する。

35.保証を強調する。

36.証言する。

37.好奇心をかき立てる。

38.時間的要素を入れる。

39.コストが節約できることを伝える。

40.価格を明示する。

41.挑発する。

42.大胆な約束をする。

43.「なぜ・・・」理由形式を使う。

44.特典を強調する。

45.体験者の生の声を使う。

とにかく思考の切り口を増やすことでいろいろなアイデアが生まれてきます。

マーケティングクリニック

Return Top