マーケティングクリニック

マーケティングの本質


科学とは何回実験しても同一の現象が再現されるものを指します。会社経営は努力するから儲かるのではなく、成果を出せる仕組みがあるから儲かるのです。現代においてのマーケティングは確立された原則に基づく予測可能なビジネスです。市場の調査や分析からはじきだされたマーケティングの公式は誰にでも再現することができます。

マーケティングの基本は、「顧客を理解して製品やサービスを顧客に合わせ売れるようにすること」です。

「事業の本質」は、「永続性」にあります。そして、「永続性」は、事業の持続的成長によってもたらされます。つまり、事業を運営するためには、ヒト、モノ、カネそしてノウハウや技術といった資源を取り込み、成長を実現しながら将来に向けて営み続けなければならないということです。

この「永続性」を前提にした場合に、事業運営の目的は、「顧客との関係性の創造と維持」ということになります。要するに、商品・サービスなどを継続的に購入してくれる顧客が存在することによって、その事業は、はじめて成り立つと言えます。

そして、いかなる事業を考える場合にも必ず「顧客満足」がその根幹になければなりません。事業を運営する考え方となる企業理念は、すべてこの「顧客満足」につながります。

したがって、マーケティングの本質的役割とは、「顧客満足」を獲得するために、「顧客との関係性の創造と維持の仕組みを創る」ことです。

さて、この流れが「事業運営の基本構造」になりますが、会社によって人材や資金、顧客数など持っている資源はまったく異なるため戦略は各社それぞれに違いが出ます。一番大切なことは、自社の独自性を最大限に生かすこと。それを前提にマーケティングの考え方を自分の事業にどのような形で取り入れるかがポイントになります。

そのためには、まず自社の「立ち位置」を明確にしましょう。▶ 問診票

事業運営の基本構造
マーケティングは一般的には4つの領域に分けられます。それら4つの領域は、頭文字を取って4Pと呼ばれています。

1.商品(Product)
2.価格(Price)
3.販売促進(Promotion)
4.流通(Place)

マーケティングクリニックは、広告戦略を得意分野としていますが、広告はこの4つの中で「販売促進(Promotion)」の領域に含まれます。

広告は、商品の特徴、価格、流通といった項目との関わりあいを考えながら戦略を立て顧客に対して、商品やサービスの価値を伝達するという重要な役割を担っています。

マーケティングクリニック

Return Top