マーケティングクリニック

お客さまのニーズをどんどん引き出す方法

経営者
来店型のお店を経営しています。
お客様のニーズを知るにはどうしたらいいですか?

 

コンサル

お客様に直接聞くのが一番です。



 
これ本当です。

要はお客様の気持ちやニーズを知るために
お客様からの意見を聞ける仕組みを作るということです。

商品を販売する上でまず、考えなければいけないことは

下記の3つです。

1.自分(お店)

2.商品

3.お客様

自分や商品のことをわかっていないと
広告に盛り込む内容は決まりません。

ですが、お客様のことがわかっていないと
送ったメッセージに共感してもらえるかわかりません。

単純な話コミュニケーションはすべて
「自分」と「お客様」との関係次第ですので
一番考えなくてはいけないのは「お客様」のことになります。

ですから、コンテンツには見込み客の知りたいことを書く
というのが正解だと思います。

問題は、どうやってニーズを引っぱってくるか?
ということになりますが・・・。

結論的には、お客様に聞いてください。

それが一番。

お医者さんが問診にはじまり、問診に終わるように
あなたのビジネスにお客様の悩みや要望を
聞く仕組みを作ってしまうということです。

お客様が何に悩んでいるのかを明確にし
望んでいる要望に応えるためには、
お客様に直接に聞くのが一番です。

すごくシンプルです。

例えば、メルマガやブログで優良なコンテンツを
配信することも大切ですが
メールを返信してもらえるような書き方を意識することも重要です。

DMだったらアンケートハガキを返信してもらう仕掛けをする。
そんなちょっとした手の加え方で、
レスポンスも高まっていくと思います。

一番賢いのは、そういう声が集まる場を作ってしまうこと。
今ならソーシャルメディアの活用です。

クチコミがあふれ消費者の生の声を簡単に入手できるチャンスは、
従来のメディアでは考えられません。

それともうひとつポイントがあります。

それは、お客様の本音を聞き出せるかどうか?
ということです。

本音というのは、心の奥底でガードされ
なかなか表面上には浮上してきません。

例えば、あなたがセミナーに参加して
アンケートを書いたとき、本音でコメントを書いていますか?

だから、来店型のビジネスの場合一番いいのは対面です。
ひとつの例として、お客さまとの雑談の中から
ニーズ引き出すようなイメージが理想です。

さりげなく、お客様の悩みや欲求を引き出していき
その解決策があなたの商品になっていればいいわけです。

本音を語るかどうかは、
やはり「自分」と「お客様」との関係次第だからです。

これは、ネット上でも同じではないでしょうか?

さりげなく、顧客情報を聞き出しニーズを探り出し対応する。

そのあたりが上手なのは、サザエさんの三河屋さんですね。
醤油がなくなる時期になると勝手に持ってきますから・・・。

ニーズが見えてくると新しい商品も開発できます。
あなたのお店には、どんな仕組みが作れそうですか?

マーケティングクリニック

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top