マーケティングクリニック

シンプルに考えよう「売上アップの方程式」

コンサル
売上は一般的に下記の公式で成り立っています。
「客数」×「客単価」×「購入回数」=「売上」

売上アップを考える場合
「客数」「客単価」「購入回数」のどこかの数字を
増やすことを考えればいいのです。

たとえば、1個100円のお菓子の売上が50,000円だったとします。
100人のお客さまが1人平均5個買ってくれたことがわかったとします。

そうすると、
「客数」100人×「客単価」100円×「購入回数」5個=「売上」50,000円

50,000円の売上をもっとアップしたい場合、
3つの仮説を立てることができます。

1.客数100人を120人に増やす方法を考える。
2・単価100円を120円に上げる方法を考える。
3.購入回数5個を6個に増やす方法を考える。

今どき値上げは難しいなと思ったら
客単価を80円に下げ客数を120人にして
購入回数は6個に増やそうという考え方もできます。

「客数」120人×「客単価」80円×「購入回数」6個=「売上」57,600

価格を下げることで売りやすくなるという仮説を立て
客数と購入回数を増やすことに専念するという戦略ですね。

現実的に、今後どの数字が下がってしまいそうなのか?
逆にどうすれば、上げていくことができるのか?

そのようなことも踏まえて市場データの数字をもとに
仮説・検証を繰り返してみてください。

<補足>
ちなみに客数は一般的に下記の公式で成り立っています。

「既存顧客」+「新規顧客」ー「流出顧客」=「客数」

ですので、客数を増やす方法を考えるには、
1.新規顧客の増加。
2.流出顧客の減少=既存顧客の維持。
という2種類しかありえません。

マーケティングクリニック

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top