マーケティングクリニック

お客様がファンになるまでの流れとは?

コンサル
売れない。

集客に悩んでいる。

リピータが育たない。

などなど、ビジネスには日々いろいろな問題が発生してきます。

しかし、その原因が何であるかを
しっかりと把握している企業は多くありません。

お客様に、自社商品やサービスを知ってもらってから
ファンになるまでにはあるプロセスがあります。

それが下記の流れです。

認知(商品やサービスを知る)
 ↓
興味(興味や関心を持つ)
 ↓
行動(来店・資料請求など)
 ↓
比較(競合と比べる)
 ↓
購買(買う)
 ↓
利用(使う)
 ↓
愛情(満足し愛用する)

(参考記事)お客様の購買心理を把握しているか?

「お客様の来店数が減っている」
そう悩んでいるある飲食店の経営者に
集客は何をやっていますか?
と質問しても、

「呼び込みだけです」と答える。

お客様がお店に来店するまでには、
さまざまな感情の変化があります。

まずは、「認知」。
お店の存在を知ってもらって「興味」を抱かせる。

それが「行動」へとつながります。

そのためには、何ができるか?
をもっと考えなければ成果につながりません。

たとえば、お店の存在を知らせる情報と
来店促進のための割引券。

他では出せないメニューやサービス。
または、看板娘の存在など。

何でもいいんです。
来店のきっかけになることを考えなければいけない。
お店によって、持っている資源は違います。

だから、分析をして対策する。
そこが企画なんです。

認知(商品やサービスを知る)
 ↓
興味(興味や関心を持つ)
 ↓
行動(来店・資料請求など)
 ↓
比較(競合と比べる)
 ↓
購買(買う)
 ↓
利用(使う)
 ↓
愛情(満足し愛用する)

迷ったら、このプロセスを参考に自社なりの企画を練ってみましょう。

ファンになってもらうまでの流れの中で
どの部分でお客様が止まってしまっているかを考え
止まるポイントをつぶしていく。

リピーターが育たないのであれば、「購買」「利用」を見直す。

リピートされない理由は、商品やサービスに何かしらの不具合があったり、
正しい使われ方をされていなかったり
もっと言えば、購入したけど使われていなかったりするわけです。

その場合は、商品の解説書を充実させたり、
使用促進やサポートを充実させたりするというアイデアが思いつきます。

認知(商品やサービスを知る)
 ↓
興味(興味や関心を持つ)
 ↓
行動(来店・資料請求など)
 ↓
比較(競合と比べる)
 ↓
購買(買う)
 ↓
利用(使う)
 ↓
愛情(満足し愛用する)

さて、あなたのビジネスはどの部分で循環が悪くなっているでしょう?

どうすれば、次のプロセスにつながるのか?
単独の判断や対処ではなく全体の流れで考えていくことがポイントです。

マーケティングクリニック

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top