マーケティングクリニック

女性の心をつかむアプローチ方法

経営者
女性向け広告アプローチ方法を
教えてください。

 

50代女性に向けた自社開発の
化粧品を売りたいと思っています。

大人女性向けアプローチにおいて、
外せないポイントがあれば教えてください。

コンサル

キーワードは「変身願望」です。



 

私は、以前にある女性向け通販化粧品の
広告制作に携わったことがあります。

ターゲットは、40~50代でしたので、
まさに今回のターゲット層にマッチします。

女心がよくわからない私が、
その時に、いろいろと経験して理解したことは、
女性はいくつになっても
潜在的に変身願望があるということです。

たとえば、結婚してお子さんがいる女性は、
ほとんどが子供中心の生活になってしまいます。

50代女性だと、子育てから手が離れて
少し時間ができるころではないかと思います。

たとえばその時にふと、
「このままわたしの人生終わっていいの?」という
アイデンティティへの疑問が生まれたりする。

疑問が生じなくても、
心の片隅にそんな気持ちがくすぶっていたりします。

老いの悲しさとは、なんだかわかりますか?
それは、可能性がどんどん狭まっていくことではないでしょうか?

さらには、衰えていく容姿や肉体への焦りもある。

しみ、たるみ等、肉体の変化も自覚しているため、
若返ることは無理と90%以上あきらめている。

きっと本心とは裏腹に
自分に言い聞かせている側面は多々あると思うんです。
そんな状況が想定できると思います。

たとえば、美容系の広告で
「若返る」というニュアンスの表現がよく使われます。

そんな言葉についつい反応してしまうのは、
あきらめきれない可能性が
彼女達の中でくすぶっているからではないでしょうか。

そんなふうに年齢を自覚するとき、
一番悲しいことは未来への夢が失われていくこと。

夢をもてなくなっていくことが
老化の悲しさの本質ではないでしょうか?

50歳というのは、まだまだ若いのです。

そんな大人女性達の心にピーンと響くのが、
恋愛や返信願望をくすぐる言葉。

まだまだ変われるんだということや
あきらめを払拭してあげることが
共感を呼ぶと感じています。

隠れた本音や心の痛み、
コンプレックスをキャッチアップして
それを払拭するようなアプローチ。

あきらめている気持ちを指摘する表現。

そんなアプローチを入口に
最終的には、あなたの商品が
解決の糸口につながっていけば成功だと思います。

50代の女性は、仕事をしている方も多くいます。
どのような層をターゲットにするかにもよりますが、
本質的な部分を一度考えてみることをおすすめします。

ひとつの方向性ですが、参考にしてみてください。

マーケティングクリニック

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top